鷲宮神社のニューストピックスをお知らせ!

アクセスカウンタ

zoom RSS ハンカチの木

<<   作成日時 : 2009/04/28 08:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
毛虫を探して毎日上を見ていたら、いつの間にかハンカチの木が満開になっているのに気がつきました。

例年ですと、満開は5月の連休明けぐらいだったので、今年はずいぶん早い開花にびっくりしました。

ハンカチの木というのは、花のように見える白い大きな苞が特徴で、この白い苞がちょうどハンカチを垂らしたように見える事から、この名前がついたといわれています。

また、白鳩が止まっているようにも見える事から、別名ハトノキともいわれています。

16年程前に母が買って植えたものですが、植えた時には30pぐらいの小さな苗木でした。

開花までに10年はかかるといわれておりましたので、もしかしたら生きている間に花を見られないかもしれないからと冗談を言い、どんな花が咲くのか、ハンカチの木の開花に合わせて、みんなで日光の植物園まで花を見に行った事があります。

日光植物園のハンカチの木は当時、確か樹齢30数年と書かれてありましたが、ものすごく大きくて、その大きな樹を一面、白いハンカチで着飾っているような樹姿は、とても見事でした。

神社のハンカチの木も最初にいわれたとおり、植えてから10年後くらいに見事なハンカチを咲かせ、その後は毎年参拝者の目を楽しませてくれています。

おかげさまで母も無事、ハンカチの木の開花を見る事ができました。

でも、日光植物園にあったハンカチの木のように大きくなるのには、まだまだ時間がかかりそうです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ハンカチの木 鷲宮神社のニューストピックスをお知らせ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる