カエルの楽園

画像


昨日は憲法記念日という事で、テレビでは盛んに憲法改正についての論議が行われていました。

私自身、憲法九条は素晴らしいものだと思います。

世界中のすべての国々に九条のような憲法があれば、戦争のない平和な世の中が訪れると思います。

ただ、九条は日本だけのものであって世界の国々にはありません。

当たり前の事ですが、他の国に九条を守るべき義務はないんです。

いくら日本が世界に向けて九条の素晴らしさをアピールしたところで、守るべき義務のない国には関係ないんです。

九条があるから日本は今まで戦争の起きない平和な国でいられたんだと言っている方がいますが、本当にそうだと思いますか?

アメリカという軍事大国が同盟国として日本のバックについているから、他所の国が攻撃してこなかったんじゃないですか?

九条さえあれば平和が守れるという考えには、私自身どうも違和感を感じてなりません。

昨日も 『 憲法改正反対 』 と声高に発言している方がおりましたが、本当に日本国憲法を遵守しようとするなら、自衛隊は廃止しなければいけないと思います。

そしてアメリカ軍の基地も、即刻撤退してもらわなくてはなりません。

だって日本国憲法には軍隊の存在は認められていないんだから。

自衛隊は軍隊じゃないという方もいますが、どこをどう見れば軍隊じゃないんでしょうか。

いくら弁解しようとも、他所の国から見たら自衛隊は間違いなく軍隊でしょう。

だから自衛隊や米軍基地の存在を認めようとするなら憲法は改正しなければならないし、憲法を守るというのなら自衛隊は廃止しなければいけない。

そういう事もきちんとできない国というのは、やっぱり世界から信用されないんじゃないでしょうか。

もう、今までのような詭弁はやめましょうよ。



一昨日、ちょうど読み終わった本があります。

『 カエルの楽園 』 という本です。
 
題名にひかれて子供が購入した本ですが、今の日本をカエルの国に置き換えて書いてあります。

憲法改正が良いか悪いかなんて、私にはわかりません。

皆さん一人一人が読んで頂いて、各々考えて欲しいと思います。